上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



今年はオスが多かったようです。

カブト

メスもいましたけどネ。

来年はやめておきます(汗)

 

スポンサーサイト
テーマ : 高次脳機能障害    ジャンル : 心と身体
 2017_07_17


 
既報の通りなのですが、本日、診察に行ってきました。
月に一度のアレですね。

何があったのか……………




途中でわたしは追い出されて、家族と先生がいろいろと話をしておりました。
家族には、心のうちに収めきれない何かがあったようデス。
これまでのわたしの所業を先生にご注進とばかりに話したようです。

まぁ、それでわたしがなにか困ったりするわけではないのでいいのですが(汗)

でも、薬を増やされました。
ルーラン、ですが、これを日(夕食後)に2錠飲んでいたのですが、毎日朝晩に2錠ずつ飲むこととなりました。
なんでも、効き目があまり長持ちしないということで、朝飲んで日中の抑えに、夜はその後、ということらしいです。

さらには!
次回の診察では、精神科にかかることになりました〜。
精神科の先生と初の診察デス。

もちろん、これまでの脳神経科の先生の診察もありますよ。
つまりは、月2で診察を受けることになったというわけですね。

これはちょっと予想外でした。

一体どうなるんでしょうね〜〜〜〜〜。
 
 
テーマ : 高次脳機能障害    ジャンル : 心と身体
 2017_07_14



 
明日は毎月1回となった診察デス。

障害そのものがどうなっているのか、ということではありませんヨ。
わたしの障害はこれ以上よくも悪くもならない=症状固定してますから。

とはいえ、暮らしっぷりはそれとはまた別ということらしいです。
わたしにはよくわかりませんけど。
障害がよくなることはありませんが、日々の暮らしの中での「所作」(と私は思っている)は変えることはできるってことではないかと。

これが「暮らしっぷり」ということです(汗)


これまでも書いてきましたが、わたしはお金をもっていません。
非常にムズカシイ対応をしなければならないケースもありますが、それを乗り切って暮らしています。
何故お金をもっていないかというと、使ってしまうからラシイデス。
わたしにそのつもりはありませんけど。
どうも、使いまくるという評価になっています。

そのため、身分を証明する書類も持っていません。
例えば「免許証」「健康保険証」デス。
これらは、使いようによってはお金を借りることができたり、モノを買うことができたりします。
そのため、そうしたことがないように所持していません。

それによって困ることはほとんどありません。

何故困らないかは簡単です。
わたしは、自宅と会社の往復しかしていないからデスね。
どこかに立ち寄ったりしません。
会社にいても、どこかに出かけたりしません(用事があって出ることはあるけど、数カ月に1回程度)。
なので、機会がないんですネ。

そうした日々の暮らしっぷりを確認するのが診察の機会と思っています。

で………

今回はキビシイ診察になりそうです(汗)
 

テーマ : 高次脳機能障害    ジャンル : 心と身体
 2017_07_13



 
先日、健診を受けてまいりました。
所属する健康保険組合の実施するものデス。
わたしの場合、成人病健診デスよ。

毎年のことなので、昨年の状況を含めていろいろとお話をいただきました。
おかげで!
だいぶ健康になってきましたヨ。

課題となっているウエイトコントロールは、日々のウォーキングの努力のおかげか、はたまた家族のおかげか。
昨年比で-5キロ。

これに合わせて、悪玉コレステロール低下!
中性脂肪ほぼ正常値!
血圧正常!
と、イイことづくめで、診察に当たってくれた先生ほか、以前特定保健指導を担当してくれた保健師さんもほめてくれました~。

実にイイ感じです。

この夏は暑くなってくれることを信じて、さらにガムバリマス!!!

痩せます!!!!!

 
 
テーマ : 高次脳機能障害    ジャンル : 心と身体
 2017_07_11


 
 
今さら言うまでもないことなんですけど、わたしは精神障害者デス。

精神障害というのは実に広範で、ひとくくりにすることはできませんネ。
勿論、他の障害(身体障害、知的障害)にしてもそうでしょうけど。

それぞれの人に、それぞれの障害があるわけです。


ことわたしの場合に関していえば、精神的に何か問題があるとは思ってません。

デスが、客観的(医学的、科学的)に評価すると精神障害に分類されるんでしょう、きっと。

わたしの精神に何某か問題があって、常に問題を起こしているわけではないという意味では、わたしは健常なんですけど、常にそうあることができないという面ではやはり障害があると判断すべきなのかな~。


でも、その「障害がある」状態というのは、おそらくは随分と網の目が細かくなったんじゃないかと思います。
つまり、かつて(今から数十年という単位で昔)は障害に分類されていないケースがほとんどだったということですネ。

今はそのなかから結構な割合で「障害」といわれるようになったと思ってます。
程度はさておき。

あまり例としては適切ではないかもしれませんが、わが家の小さい方はチョット変わってます。
おそらく広汎性発達障害デショウ(診断は受けたことがないのでハッキリとはいえませんけどネ)
本人にそういう趣旨のことを言ったこともありませんが、一般的な意味で
「他の子とはチガウ」
と感じられる部分が結構あるんですネ~。

だからといって医療機関にかかったりするということは考えて来ませんでしたし、これからもそうです。

わたしの小さなころであれば、こういうケースはそれなりの割合でありましたヨ。
つまり
「普通のこと」
という感じです。
なので医療機関にかかる(精神科になるんでしょうかね)というのは特に必要ないと思ったんです。

特にこれで困ったことはないってのが大きいかも。
何某か問題が多発すれば、対応を考えなければならないんでしょう。

そういう意味では「うっすらとそうなんだ」ということかも。

ことほど左様に、いろいろと思うことはあります。
人は多様なので、そのすべてを一定の枠に当てはめることはムズカシイでしょう。
それこそ以前はその「ワク」が結構大きかったんだと思います。
でも、時代の変化なのか医学の進歩なのか………
だんだんとワクは小さくなっていったんでしょうネ。

世知辛い世の中ですな(汗)
 



テーマ : 高次脳機能障害    ジャンル : 心と身体
 2017_07_06

07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

gasuken

Author:gasuken
基本、高次脳機能障害デス。
高次脳機能障害なネタを中心に書いていきます。

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。