『ローガン』を観てみようかと思って、その下準備のために『ウルヴァリン』の前2作を観てます。

ローガン

『ローガン』


まったく存じ上げなかったんですけど、アメリカンコミックのヒーローものってことでイイんですかね?

マーベルだし、そうなんだと思っています。




しかし………





つまんねぇ映画ですナ~。

こんなにつまらないとは思いませんでした。

今、『ウルヴァリン SAMURAI』を観ている途中なんですけど、あまりのつまらなさに半分ほどで中断してしまいました。

ウルヴァリン

『ウルヴァリン SAMURAI』

日本が舞台になってるようなんですが、これって日本で撮影したの、ってくらいヘンテコリンデス。



おそらくこの映画が好きな人もいるんでしょうからあまりいってはいけませんかネ。
「つまんねぇ」
なんて。


いや~、もっとオモシロいかと思っていましたが………



とりあえず『ローガン』は観なくていいかな(汗)
 
 

スポンサーサイト
 2017_05_18


 
チョット前のこと、といってもGW中のことですが………


映画を観ました。

『無限の住人』デス。

無限の住人


『無限の住人』

まったく原作を存じ上げないままに、予備知識もなく、ただ予告編を以前映画館で観たってだけで観に行った次第です。

デスが、オモシロかったです。


いちばんよかったのは、主人公役の木村拓哉さんが、大抵の場合なんの役をやっても木村拓哉になってしまうところを、演出の妙なのか、あまりそれを感じさせられませんでした。
彼の演技力なのか、演出家の力なのかはわかりません。
監督は『藁の楯』を撮った方と同じでした。

追っかけ今原作を読んでます。

無限の住人 原作


といっても、無料で読めるのは3巻までで、それ以降は買ってくれってことラシイデス。

お金を自由に使えないわたし的には、買うのは難しいので、なんとかならんかと交渉中デス。



原作を読んで、そのうえで、さらにアニメを観て、それから映画ってのがよかったんでしょうけど。
イヤハヤ、その反対をいってます。

アニメをちょっとだけ観ましたヨ。

オモシロそうなのでガンバって続きを観ます。
原作も面白そうですけど、前述のとおり、買えるかどうかで今後の展開が決まります。


それこれ含めて、映画評はまたの機会に譲ります(汗)
 
 

テーマ : 高次脳機能障害    ジャンル : 心と身体
 2017_05_16


  
 
Attraction(Prityazhenie Притяжение) という映画を観ました。

Attraction


ロシア映画デス。

日本公開は未定ラシイデス。



予告編がyoutubeにアップされていました↓


Attraction(Prityazhenie Притяжение)"



ロシア映画というと、ちょっと抵抗がある人もいるかもしれません。

しかし、この映画は、舞台はロシア(モスクワ郊外)ですが、物語(というか中身というか)はほとんどアメリカ映画化と思わせるようなものでした。

すごい迫力デス。

ほんの少しだけストーリーをご紹介すると………



SFデス。

ある日、突然UFO(地球外のもの)が地球に落下してきます(なぜ落っこちてきたかは映画の中で語られます)。

場所は、モスクワの郊外。

高層ビル、マンションが立ち並ぶ地域への落下で、犠牲者も多数出ます。

主人公の女の子のお友だちもそこで………


地球外生命体との接触が!

Attraction


主人公は、復讐を誓います。

そして、その復讐の最中に、地球外生命体と接触して………






って感じです。

冒頭の、ロシア軍による未確認飛行物体への対応は、もう少しなんとかしようがあったようにも思いました。

戒厳令までいかないけど、一区域を封鎖したって割にはちょっと………、と思わせられました。

でもまあ、そんなものかも(汗)


細かな点ではいろいろと気になりましたが、総じてイイ感じの映画デス。




仮に日本で観られるような機会がありましたが、ご覧ください!


では。
 


 2017_05_11

04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

gasuken

Author:gasuken
基本、高次脳機能障害デス。
高次脳機能障害なネタを中心に書いていきます。

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P