上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



マニュアルを読んでます。
ヒマがあると開いてます。

今は特にすることがないので、ナオサラデス。

よくわからないのが、「キーレスゴー」デスかね。
 
USのマニュアルではこうなってます↓


Locking/unlocking centrally
You can start, lock or unlock the vehicle using KEYLESS-GO. To do this, you only need carry the SmartKey with you. You can combine the functions of KEYLESS-GO with those of a conventional SmartKey. Unlock the vehicle by using KEYLESS-GO, for instance, and lock it using the&button on the SmartKey.
The driver's door and the door at which the handle is used, must both be closed. The SmartKey must be outside the vehicle. When locking or unlocking with KEYLESS-GO, the distance between the SmartKey and the corresponding door handle must not be greater than 3 ft (1 m).
A check which periodically establishes a radio connection between the vehicle and the SmartKey determines whether a valid SmartKey is in or at the vehicle. This occurs, for example:
・when starting the engine
・whilst driving
・when the external door handles are touched
・during convenience closing

・To unlock the vehicle: touch the inner surface of the door handle.
・To lock the vehicle: touch sensor surface 1 or 2.
Make sure that you do not touch the innersurface of the door handle.
・Convenience closing feature: touch recessed sensor surface 2 for an extended period.
・To unlock the trunk lid: pull the handle on the trunk lid.

訳↓(因みにgoogle翻訳使ってます)

集中的にロック/アンロック
KEYLESS-GOを使用して車両の始動、ロック、ロック解除を行うことができます。 これを行うには、スマートキーを持ち運ぶだけで済みます。 KEYLESS-GOの機能と従来のSmartKeyの機能を組み合わせることができます。 たとえばKEYLESS-GOを使用して車両のロックを解除し、SmartKeyの&ボタンを使用して車両をロックします。
運転席のドアとハンドルが使用されているドアは、両方とも閉じておく必要があります。 スマートキーは車外になければなりません。 KEYLESS-GOでロックまたはロック解除するときは、SmartKeyと対応するドアハンドル間の距離が3フィート(1 m)を超えないようにしてください。
車両とスマートキーの間の無線接続を定期的に確立するチェックは、有効なスマートキーが車両内にあるかどうかを判断します。 たとえば、次のようになります。
・エンジン始動時
・運転中
・外部ドアハンドルに触れたとき
・コンビニエンス・クロージング中

・車両のロックを解除するには:ドアハンドルの内面に触れる。
・車両をロックするには、センサ面1または2をタッチします。
ドアハンドルの内側面に触れないようにしてください。
・便利な閉鎖機能:長時間センサー表面を窪ませた状態で触れます。
・トランクリッドのロックを解除するには:トランクリッドのハンドルを引きます。



日本のサイトにあるセダンのマニュアルには、このようにありました↓


集中施錠および解錠
キーレスゴーを使用して、車両の始動、施錠または解錠ができます。この操作に必要なのはキーを携帯することのみです。
キーレスゴー機能と従来のキーの機能を組み合わせることができます。例えば、キーレスゴー操作で車両を解錠し、キーの スイッチで施錠することができます。
運転席ドアと使用するハンドルのあるドアが両方とも閉じている必要があります。
キーは車外にある必要があります。キーレスゴーで施錠または解錠するときは、キーと対応するドアハンドルの間の距離が1m 以上になってはいけません。
車両とキーとの間で定期的に行なわれる無線通信によるチェックにより、車内に有効なキーがあるかどうかを確認します。

以下の様な場合に行なわれます。
エンジン始動時
走行時
車外のドアハンドルに触れたとき
コンビニエンスクロージング機能の作動時
車両を解錠する:ドアハンドルの内側面に触れます。
車両を施錠する:センサー面 または に触れます。
ドアハンドルの内側面に触れていないことを確認してください。
コンビニエンスクロージング機能:センサー面の凹部 に一定時間触れます。
トランクリッドを解錠する:トランクハンドルを引きます。

解除する
長期間車両を使用しない場合は、キーレスゴーを解除することができます。キーはごくわずかな電力のみを使用し、それによりバッテリーの電力を節約できます。
作動/解除時には、近くに車両がなくてもかまいません。
解除する:素早く2 回続けてキーのスイッチを押します。
キーのバッテリーチェックランプが短時間2 回点灯して、キーレスゴーが解除されます。
作動させる:キーのいずれかのスイッチを押すか、あるいはエンジンスイッチにキーを差し込みます。
キーレスゴーおよびその関連のすべての機能が、再度使用できるようになります。



キーとキーレスゴー。

この2つの関係がいまひとつわかっていません。

もう少しがムバッテみます。
 

スポンサーサイト
テーマ : 高次脳機能障害    ジャンル : 心と身体
 2017_05_12


B
A
C
K

T
O

T
O
P

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。